看護助手  仕事内容

看護助手として働くには?

看護助手 仕事内容

看護助手は、医療・看護の現場で、看護師のサポートをする仕事です。

 

病院によって業務が異なりますが、入院患者さんの身の回りの世話、清拭やおむつ交換、入浴介助など、医療行為以外の仕事で患者さんの体に触れる仕事や、診察室への患者の誘導、食事の配膳や片付け、環境整備など仕事内容には雑務的なものが多く、看護師のサポートをします。

 

ここ最近は看護師不足で、どこの病院も人材不足気味。看護師がよりスムーズに仕事が行えるよう看護助手のニーズも高まっています。

 

病院やクリニックで看護助手として働くには、特に資格は必要ありません。実際に多くの方が無資格で働いています。ただ、働きながら知識をつけていくことは必要ですよね。また、より専門的に仕事をしていきたいと思う人は、ヘルパー2級資格を取得する方も多いです。もちろんヘルパー2級や介護福祉士資格を持っている看護助手は大勢働いています。

 

さらにもっと専門的に、医療関係に携わっていきたいと思われる方は、准看護師資格取得に向けて専門学校に通われる方もいます。

 

看護助手では現場において医療行為はできませんから、看護師の仕事や患者と接しているうちに、『医療行為が出来ない自分が悔しい』、『もっと患者の役に立ちたい』など思われるようです。自分のスキルアップを目指して、看護助手から資格を取得するのはとても良いことだと思います。

 

 

看護助手をしている私のプチ体験談。

私はとある病院で看護助手として働いています。私のいる病棟は、療養型で院内でも忙しいところです。ほとんどの患者が寝たきりの高齢者。排泄はほとんどオムツの方ばかりなんですね。一日の半分はオムツ交換をしている感じです。患者が急変するとあわただしくなります。看護師の指示に従って心電図を持って来たり、スムーズに処置が行えるよう雑用をこなします。また亡くなられる方もいますので、看護助手として死後の処置に入ることもあります。

 

基本的には患者の身の回りのお世話が主な仕事ですが、専門的な用語も飛び交いますので、知識はなくとも知識を獲ようとすることは必要ですね。大変な部分もありますが、患者が日に日に回復に向かい退院される時は、やはりうれしいものです。

 

 

看護助手の仕事内容

看護助手の仕事は大きく分けて2種類あります。医療行為ではなく、患者の体に触れる仕事。医療行為ではなく、患者の体に触れない仕事の2つですね。病院によってはどちらか片方の仕事内容に偏っている場合もあります。例えば外来勤務になると、診察に来た患者の誘導や、看護師の補助的サポートがメインになるでしょう。

>>> 続きを読む

 

看護助手の資格と求人と給料

ここ数年、看護師が不足していることもあって、看護師の求人が増えています。ハローワークに行くと結構募集がありますよ。でも資格が必要のない看護助手の求人はどうなんでしょう?私は今の職場をハローワークで見つけました。ホームヘルパー2級資格を持っていましたので、介護職で調べていたと思います。

>>> 続きを読む

 

看護助手の夜勤はどんな感じなのか?

私は看護助手として夜勤をしていますが、ほとんど介護職のようなものです。病院が違えば仕事内容などは変わってくると思いますが、あくまで私が勤めている病院での仕事内容を紹介しておきますね!

>>> 続きを読む